LinkSpaceとニュースについてのすべて

linkspace

LinkSpaceデモンストレーターは海抜300メートルまで上昇します

-2019年8月20日のニュース-

中国企業LinkSpaceは8月9日に印象的なデモンストレーションを行いました。 RLV-T5デモンストレーターは空中を300メートル登り、SpaceXのような発射台に着陸するまでにわずか7 cmの誤差しかありませんでした。 次のテストでは、デモンストレーターを1 kmの高度まで引き上げます。



crew dragon first flight





LinkSpaceは再利用可能なランチャーのテストを続けています

– 2019年5月7日のニュース –

LinkSpaceは、SpaceXの方法で、再利用可能なランチャーのデモ機の大気圏の飛行を増やします。 4月19日に、発射装置は40メートルの高度に達しました。 若い会社は現在2019年の後半に1キロメートルに達することを望んでいます。これらのテストは2020年にその最初の飛行をすることになっているロケットNew Line 1を開発するのを助けるべきです。

LinkSpaceは再利用可能で安価なマイクロランチャーを開発しました

– 2019年1月11日のお知らせ –

LinkSpaceは、2014年に設立された中国の民間宇宙会社です。2016年の夏以来、この会社は垂直離着陸と垂直着陸に関するテストを実施してきました。 LinkSpaceの目的は、再利用可能な第一段階を備えたマイクロランチャーを開発することです。 New Line 1(NL-1)と呼ばれるこのロケットの容量は、LandspaceのZhuque-2ロケットの容量の10倍です。

LinkSpaceは、再利用に頼って、Rocket Labのサービスと同じようにパーソナライズされたサービスをはるかに低価格で提供できるようにしたいと考えています。中国の若いCEO、HU Zhen Yu(胡振宇)は、New Line 1の再利用便を1発あたり225万ドルで販売したいと発表した。同様の容量LinkSpaceは、2020年にNew Line 1を市場に投入することを目指しています。その後、SpaceXの後、ロケットの最初のステージを回復する2番目の会社になります。

LinkSpaceによるロゴ

ソース

あなたもこれに興味があるはずです