NASAの着陸船InSightとニュース

InSightロボットは火星の土壌を研究します

– 2017年9月19日のニュース –

InSight着陸機は、現在、火星に来年着手する前に一連のテストを受けています。 InSightは、地震学と測地学を使って火星の下層土の深さを研究するためにNASAによって設計されたロボットです。これはローバーではなく、着陸地点に留まる静止したロボットです。

火星の深さを調べることで、地球についてもっと知ることができます。実際、火星は30億年の間、比較的不活性な惑星です。その岩石のマントルはその時以来ほとんど変化していない。しかし、我々は、地球の構造と火星の構造は非常に似ていると考えています。地球のマントルの活動は過去を研究することを困難にする。火星に焦点を当てることで、30億年前の地球のマントルの写真を見ることができます。

InSight着陸装置は、火星の赤道付近に配置する必要があります。 InSightには2つの円形ソーラーパネルが搭載されています。ロボットは、ロボットアームを使用して2つの科学機器を配備します。最初の科学機器は、地震活動の痕跡をロボットの着陸ゾーンに記録する精密地震計です。この地震計はCNESによって設計されたものです。その2番目の科学機器は、熱流量センサーです。それは火星の人類が掘った最大の深さになる地面の5メートル下に沈む必要があります。熱流束センサーは、炉心の熱活動を決定し、火星の地熱履歴を理解するために使用されます。

ミッションは当初は2年間続く予定ですが、InSightはその日を超えて継続することができます。ミッションには、InSightロボットの下降段階で通信リレーとして機能する2つのCubeSatも含まれています。彼ら自身の手段で火星軌道に適合することができないとき、彼らは太陽のまわりの軌道にそれらを置く軌道を追求するでしょう。

火星は今日、核がほとんど活動していない惑星です。 InSightの着陸機で、NASAは火星の低残留活動を研究したいと考えています。これはまた、火星のマントルの構成を部分的に決定することも可能にするはずです。地震計は、惑星の火星への隕石の影響を捕捉するのに十分に敏感でなければならない。その頻度を調べることで、住む可能性のある任務に関連するリスクをよりよく理解することが可能になります。来年の5月に着陸機InSightが打ち上げられる予定です。これは現在、2020年に火星に向かう軌道上陸人、着陸者、ローバーの侵攻の前に、2018年に惑星火星に予定されている唯一の任務です。

NASAの画像[Public Domain]、ウィキメディア・コモンズから

宇宙探査と宇宙旅行に関するニュースを電子メールで受信

ニュースレターを購読して、宇宙旅行のニュースに接続してください! あなたのメールアドレスを記入し、あなたの言語を選択し、 "OK"をクリックしてください。 確認メールが届きますので、をクリックして登録を確認してください。 あなたはいつでも購読を解除することができます。