日本の宇宙機関であるJAXA(宇宙航空研究開発機構)

JAXAはXRAMミッションでNASAと協力

– 2017年7月11日のニュース –

日本の宇宙機関であるJAXAのプロジェクトには、多くの国際的なパートナーが参加しています。 JAXAは昨年、ヒトミと呼ばれるX線望遠鏡を打ち上げた。残念ながら、1ヵ月半後、一連の失敗は完全に機能しなくなり、日本の代理店はそれを失ったと宣言しました。しかし、JAXAはあきらめない。日本の宇宙機関はNASAと提携し、XRAMと同様の天文台を打ち上げたと発表した。ミッションは微妙に異なり、ひとみよりも楽器が少なくなります。 JAXAは、硬X線の観測専用の任務をすべて放棄します。しかし、その使命は非常に重要です。

近年、X線天文学は非常に成功しています。それはブラックホールの近傍を観察し、暗黒物質と暗黒エネルギーを調べるのに必要なツールです。 NASA、チャンドラ、ESAのX線観測所(XMM-Newton)は、1990年代後半に打ち上げられた。それでは、技術的なアップデートを加えて新しい天体観測所を打ち上げる時が来ました。先週の一日の失敗で、新しい観測所の立ち上げは数年後に延期されました。 NASAとESAのX線望遠鏡は30年ぶりのもので、2021年までは新しいXRAMミッションが打ち上げられない。したがって、X線天文学は困難を経験する可能性が高い。最近、NuSTAR天文台だけが立ち上げられました。これは硬いX線の独占的な観察に専念する小さな任務です。

JAXAは新しい太陽帆を打ちたい

– 2001年4月11日 –

日本の宇宙機関であるJAXAは、新しい太陽帆を打ち上げる計画を発表した
イカロスで 2010年の最新の打ち上げは、軌道に従うことが可能であることを実証した
太陽風の唯一の圧力と惑星間惑星。

新しい帆は2500m²になり、表面はイカロスの約10倍です。 しかしそれだけではなく、イオンエンジンに給電して船に二重の推進力を与えるソーラーパネルで完全に覆われている。 このプローブの使命は、木星の周りのトロイの木馬小惑星を探索することであり、2020年代初頭に打ち上げられるべきである。