日本の宇宙機関であるJAXA(宇宙航空研究開発機構)

ニュース:

– 2001年4月11日 –
日本の宇宙機関であるJAXAは、新しい太陽帆を打ち上げる計画を発表した
イカロスで 2010年の最新の打ち上げは、軌道に従うことが可能であることを実証した
太陽風の唯一の圧力と惑星間惑星。

新しい帆は2500m²になり、表面はイカロスの約10倍です。 しかしそれだけではなく、イオンエンジンに給電して船に二重の推進力を与えるソーラーパネルで完全に覆われている。 このプローブの使命は、木星の周りのトロイの木馬小惑星を探索することであり、2020年代初頭に打ち上げられるべきである。